TOP/アフターメンテナンス

2016年06月28日

【工房の様子】

縫製後に金具を付ける場合はふたりがかりの仕事です。
金槌で製品を傷つけないようプラスチックで専用のカバーをつくったり、丁寧な仕事をする職人さんに頭が下がります。


【Cカンパニー】のFacebook

2016年05月28日

修理について

先日、電話でお問合せいただきました「コバ塗り修理」について。
最近、他社製品を修理できないか?という問い合わせが殺到しています。

弊社の修理は、Cカンパニーの製品に対するアフターメンテナンスとして
行っておりますので、修理の対象は弊社製品のみとなります。

コバ塗り修理はじめ、すべての修理ついて
他社製品の修理はお受けできません。

何卒、ご理解賜りますようお願い致します。

修理


【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:05 | アフターメンテナンス

ブランドもののシステム手帳の修理はできますか?
こんなお問合せの電話を毎日頂戴しております。

それだけ、システム手帳の修理を必要としている人がいて
修理対応していない会社が多いのでしょうね・・・。

他社製品の修理はできないことをお伝えすると、
なぜか?と疑問に思ったご様子。

Cカンパニーはシステム手帳のメーカーで
修理ができるのは弊社製品のみとなります。
ということをお話しして、はじめてご納得いただけます。

Cカンパニーのシステム手帳は、職人さんがいる限り
修理対応承ります。
詳細は下記をご覧ください。

アフターメンテナンス


【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:05 | アフターメンテナンス, 質問箱

お客様から、ダレスバッグについてのお問合せをいただきました。

Q)購入して長く使っていると、一般に(通常は)どこが要補修箇所になりますか。
また、それに対して、どのようにアフターメンテしてもらえますか(およその修理代等)。

A)ダレスバッグでいちばん多い修理は、口金を止めるネジの交換です。
長くご使用し口を開け閉めしているうちに、ネジが摩耗し外れる場合がございます。
ネジの交換程度の修理の場合はほとんど往復の送料のみで対応させていただいております。

皮革そのものについては弊社でも対応できないため修理範囲に入っておりません。

Q)ダレスバッグの品質維持に適したクリーム等の販売があれば、ご案内下さい。

A)防水効果・艶出し効果も期待できるラナパー・レザートリートメントをおすすめします。

Q)貴社で販売しているダレスバッグは、このターナーとピエンツァがありますが、
どう違うのでしょうか?皮の品質、重量の違い等。

A)ターナーとピエンツァでの違いはまさに皮革の違いになります。
ピエンツァの皮革の価格はターナーの2倍近くになります。

また、1枚の革から作れる本数も異なります。

ピエンツァはイタリア製のブッテーロという高級革です。
自然の風合いを残したタンニンなめしの革ですので傷も多く
1枚の革から1本のダレスバッグしか作ることができません。

また、皮革を紙に包んで保管していてもエイジングするなど
取り扱いも難しい皮革となります。

いっぽう、ターナーは姫路でつくっている国産の皮革です。
染色などの加工の前の段階で
表面を軽く削り(吟スリといいます)表面の傷を減らし
均一にする加工を施してあるため
1枚の革で2本ダレスバッグと革小物を作ることができます。

このような理由により、価格が異なっております。

ターナー・ダレスバッグターナー・ダレスバッグピエンツァ・ダレスバッグピエンツァ・ダレスバッグ
————————————————————————————————————-

▽システム手帳・財布・鞄の「Cカンパニー」のfacebookページです♪
工房の様子などを流しています。ときどき職人さん自らアップしていますので
よろしければ「いいね」ボタンを押していただけると嬉しいです(*^_^*)


【Cカンパニー】のFacebook

TOP/アフターメンテナンス

  • カテゴリー

  • アイテム カテゴリー

  • タグクラウド