大きなドラムがある1階から階段で2階へ上がると
そこにはあふれていたのは、色・色・色。
「計り」だってこの通り。
160917_2
デザイナーが指定した色見本に合わせ
同じ色になるよう調合します。

写真はデザイナーが指定してきた
革のカット・サンプルの一例。

ホッチキスで留めてある革が指定で
ホッチキスで留めていない革が調色後の革。
見事に、同じ色です!!
160917_1
わたしも色出しの時は、可能な限り、
革のカット・サンプルをだすようにしています。
その方がイメージが伝わりやすいから。

でも、必ずしも、イメージ通りの革があるとは限らず
DICを使ったり、色を絵具で作って渡すこともあります。

ここで、革で使用される
「塗料」に関する豆知識。

表面に塗布乾燥後、膜を作り
表面の保護と美装を目的とします。

基本は膜を作るための透明塗料。
これに顔料などを加えると
有色塗料となります。

古くは、うるしや天然樹脂が使われていましたが
現在は、合成樹脂が主流となっています。

合成樹脂になってことで
デザイナーが考える様々なカラーを
表現できるようになったのですね。

▼サンプルの色の調合を終えた容器。
160917_4

▼個人的に「好き♪」と思った、色まみれのバケツ。(笑)
160917_3

▼他にもいろいろ。
160917_5
160917_6
160917_7

1 > 2 > 3 >最終回

Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加


【Cカンパニー】のFacebook

  • カテゴリー

  • アイテム カテゴリー

  • タグクラウド