水牛皮とは読んで字のごとく水牛の皮です。
バッファローという方がなじみがあるかも知れませんね。

水牛は南アジアおよびボルネオ原産で湿地を好み
家畜化されてインドやビルマで多く飼われています。

体は大きく、後方に曲がった大きな角を持ちます。
この皮は厚く、肩の部分に大きなしわがあり、繊維組織が粗いです。

傷も多いため、裁断をするとき悩ましいのですが
バッファロー独特のシボやシワの出方が魅力です。

カスール・システム手帳シリーズで使用しています。
kr-leatherimage

【Cカンパニー】のFacebook

今回の新作は新発売メガネケース兼ペンケース。

実は、このお品、商品名をどちらにしようか?
ペンケースを優先するか?メガネケースを優先するか?
迷ってしまったのです。

百聞は一見にしかず。
何で悩んだのか?まずはご覧くださいませ。
 
glr-301

【Cカンパニー】のFacebook

タンニンを主体として使用する鞣し方法です。
古くから行われていた鞣し方法で、現在では、ワットル、ケブラチョ、チェス(ト)

ナットなどの植物タンニンエキスが使用されています。

植物タンニン鞣しによる革は、クロム革に比較して堅ろうがありますが

伸びおよび弾性が少なく可塑性に富んでいます。
またタンニンの皮への浸透が遅いため、クロム鞣しに比べて鞣しに時間がかかります。
底革、ぬめ革、クラフト革(手芸用革)などの製造に利用されています。

Cカンパニーでは、ボルボ・シリーズボーダー・シリーズにて
タンニンなめしの革を使用しています。
写真は、ボーダー・シリーズで使用しているイタリアンレザー(植物天然なめし)の革です。

bdr_leather

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:11 | お知らせ, 皮革のこと, 皮革用語

皮の吟面(表側)を収縮隆起せせ、本来の銀面模様を強調した革です。
吟面の収縮には収れん性の強い合成鞣剤、または植物タンニンを用います。

乾燥革を長時間、空打ちすることによっても、
銀面の収縮が起こりシュリンクしたような銀面の状態をもつ革となります。

シュリンク革は革を収縮させているため
スムース革にくらべ重量が出ますが
傷が目立ちにくく、ふっくらとした手触りが魅力です。

かばん、袋物に主として用いられます。

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:11 | 皮革のこと, 皮革用語

革の仕上げ作業の一つで、銀面にしわ模様を付けることを「しぼ付け」と言います。
銀面を内側にして折りたたむようにしながら、
肉面側よりハンド・ボード※という道具で圧して銀面と銀面をこすり合わせます。
現在はコルクで包まれた2本のシリンダーで行えるよう機械化されています。

革特有のソフトな感触とその美しさを強調するために行われます。
型押しを行った後、行われることが多いです。

しぼ付けの仕方に水もみ、角もみ、八方もみなどがあります。

※ハンド・ボード
通称:舟、きりしめ。コルク張りで湾曲した板

fune

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:11 | 皮革のこと, 皮革用語

国内産牛原皮です。
一般に牛の飼養管理状態がよいので、輸入原皮と比べて銀面の損傷が少ないです。

ボルボ・シリーズで使用しています。

141107

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:11 | 皮革のこと, 皮革用語

型紙を革の上にそってナイフを入れ裁つことです。
プレス裁断の場合は刃型を使用します。
革の裁断は1枚1枚の品質が違うので重ね裁断ができません。

裁断前に仕分け作業をします。

↓ 裁断機の画像

  141105

2014年5月28日に

システム手帳の裁断について」でも詳しく書いています。

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:11 | 皮革のこと, 皮革用語

あなたがもし革もの好きな方なら
植物タンニンなめしという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも、この植物が何を使っているのかは知らないことが多いと思います。
今日は、その植物についてのお話です。

南アメリカ産、ウルシ科のしん材より抽出してもらえるタンニンです。
鞣し剤として重要なものはSchinopsisi balansae とSchinopsisi lorentzi
の2種類の近緑の樹木のしん材よりえられなす。

このエキスは暗褐黒色で60%以上のタンニンを含みます。
タンニン剤としては縮合型タンニンに属します。
冷水には余りよく溶けません。

粗製エキスと亜硫酸処理を施して冷水に可溶のエキスがあります。
亜硫酸処理エキスは、粗製エキスを8~10%の重亜硫酸ナトリウム
で加圧加熱して調整します。

厚物革の充てんには一般に鞣しの最後に加温した粗製エキスを用います。
亜硫酸処理エキスは初期に使用し、皮への浸透を促進させます。

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:11 | 皮革のこと, 皮革用語

2種またはそれ以上の鞣し剤の併用による鞣しです。複合鞣しともいいます。
たとえば、クロム鞣し後、植物タンニン剤で処理するなどして
単独の鞣し剤による欠点を補うことがあります。
新しい触感や、性状を付与することができます。

植物タンニンなめしだけですと
たとえば、ちょっと日向に置いただけでも日焼けして
色が変わってしまいます。

けれど、コンビネーションなめしにすることで
日焼けの速度をぐっと抑えることができます。

また、なめし時間も短くなるので
コスト的にも優れた方法です。

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:11 | 皮革のこと, 皮革用語

朝晩ぐっと寒くなってきました。

そんななか、クリスマス会のお誘いが届きました。
場所はシェラトン東京ベイ。

82歳のおばあちゃんから2歳の孫まで
姉妹・従妹・はとこが15名が集まって
話を愉しみ、美味しいご飯を食べる
年に一度のお楽しみです。

今年は何人集まれるかな・・・

さて、Cカンパニーでは、本日からクリスマス企画がはじました。
名入れやスペシャル包装が無料となっております。

大切な人とのひと時は暖かい気持ちで過ごしたい。
クリスマスギフトのお手伝い。
心を込めてお届けします。
Christmas leather gift 2014

141101b

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:11 | お知らせ
  • カテゴリー

  • アイテム カテゴリー

  • タグクラウド