2014年05月28日

革の裁断

先週末にクローチェ・システム手帳の革が入荷したので
今週は裁断を行っています。
プレス機と革の間に抜型を置いて、上から重みと圧力を掛けて裁断します。

生地や合皮などの均一な素材なら
何枚も重ねて、一度にバンと裁断できますよね。

でも、革は一枚一枚品質が違うので、重ねて裁断ができません。

傷やシミなど、革の状態を目で確かめて、
OKのところに刃型を置いて、プレスして
という動作を繰り返して
一枚一枚裁断していきます。

縫い合わせた時きれいに仕上がるよう裁断するには
それなりの訓練が必要です。

システム手帳の裁断中システム手帳の裁断中

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:05 | 皮革のこと
1947年創業のボールペン・メーカー「桐平工業」さん。

三代目でボールペン職人でもある桐田氏から
ボールペンのクリップについて話をお聞きし感動したことがあります。
それは、ボールペンについている「ちょっと引っ掛けるためのクリップ」。

ノートやファイルなどに、何気なく引っ掛けていませんか?

実は、わたしもあまり考えなくノートや洋服のポケットなどに引っ掛けて使っていました。

けれど、このボールペンのクリップは
「1mmの薄い紙でもボールペン本体を支えられること」
を基準に作られていたのです。

だから、洋服のポケットはもちろん、革を挟むなんて言語道断。
厚みのあるものを挟んでいると、どんどん歪んでしまうというのです。

この話をお聞きして、職人さんが微妙に調節してつくったボールペン。
ボールペンのクリップを保護するためにも、
ペンケースのデザインの根本を見直す必要があると思いました。

そして、桐平工業さんにご協力いただき、新しいペンケースを作りました。

キリタ・3本差しペンケースキリタ・3本差しペンケース

【Cカンパニー】のFacebook

クローチェ・システム手帳がながらく欠品となっており
大変申し訳ございません。

クローチェ皮革(ブラックとネイビーのみ)がようやく入ってきました。
クローチェの革
※この後、裁断・縫製となりますので、製品の入荷はまだ先になります。

だいぶ前にオーダーしていたのですが
なかなか入ってこなかったのです。

皮屋さんの話だと、世界的に牛革の原皮が不足しているんだそうです。

理由は、先に起こったBSE問題による牛の殺処分により牛皮が減ったこと。
もう一つ、世界的に牛の消費量が減っていることが原因と言われています。

このままでは、どんどん牛革の値段が上がってしまいます。

日本で売られている牛肉は安全ですので
皆さん、もっと牛肉を食べてくださーい。

特に赤みの牛肉なんて本当に美味しいですよ~。
わたしも今晩はステーキでも食べようと思います。
糖質制限ダイエット、と言うことで・・・f^^;

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – – – –
▽システム手帳・財布・鞄の「Cカンパニー」のfacebookページです♪
工房の日々の記録を流しています♪
よろしければ「いいね」ボタンを押していただけると嬉しいです(*^_^*)

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:05 | お知らせ, 皮革のこと

本日5月23日は、Cカンパニーネットショップの開店記念日です。
早いもので、ネットショップをオープンしてから14年も経ちました。

実は、今日はわたしの誕生日でもあります。
誕生日とオープン記念日を同じ日にしたら
忘れっぽいわたしでも、さすがに忘れることはないだろう・・・。
と、思って、14年前の5月23日を開店日と決めました。

この日を開店日と決めたのは、わずか1か月前のこと。
決めることは簡単ですが、オンラインショップをつくることは
想像以上に大変で、当時の睡眠時間は一日平均3時間でした。
直前の3日間は殆ど寝ずにネットショップを作っていました。

わたしは、当時から製品のデザインをしています。
でも、自分がデザインした製品を使ってくださる
お客様の声をお聞きする機会はありませんでした。

もちろん、お店に行くことはありますが
そうそうご購入の場面に遭遇することはありません。

「どんな方が買ってくださったのだろう?」
「喜んで使ってくれているかな?」

『直接、お客様の声をお聞きしたい』
この思いでネットショップをはじめることにしたのです。

14年たった今でも、その思いは変わりません。

ネットショップでは、直接お客様のお顔を拝見する機会は少ないですが
電話やメールでのお客様とのやり取りは、私の大きな支えになっています。
ありがとうございます。

これからもお客様からいただく言葉を胸に
ネットショップを続けていこうと思います。

来年の15周年記念日まで、
またどうぞよろしくお願い致します。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – – – –
▽システム手帳・財布・鞄の「Cカンパニー」のfacebookページです♪
工房の日々の記録を流しています♪
よろしければ「いいね」ボタンを押していただけると嬉しいです(*^_^*)

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:05 | お知らせ, 日々の様子
2014年05月22日

富士山

先週の土・日に、中学校頃の担任の先生と友人たちの8人で箱根に行ってきました。
担任の先生はもう定年を迎えて退職しているのですが登山が趣味ということで
今回は泊りのハイキング旅行といったところ。

わたしは2日間のハイキングは無理と判断し(笑)
土曜の夕方から参加しました。

天気にも恵まれた日曜日。
登山電車やロープウェイを使って、大涌谷へ。
もちろん、名物の温泉玉子を食べるためです。

と、大涌谷で、先生が突然、「下山はロープウェイを使わずに歩こう」
と言い出しました。

前日から入った人たちは、登山用の靴にリュックとフル装備ですが
私たち遅れて入った組は靴こそウォーキング・シューズですが
鞄は斜め掛けの軽い旅行スタイル。
おまけに私は極度の運動不足状態です。

かといって、わたしだけ先に帰るのも嫌。
内心「無理!」と思いつつも、歩いて降りることにしました。

でもでも、歩いて降りたおかげでよいことがあったのです。

そう。富士山。

下り始めてから、ちょっと平らな道になったな~と思った瞬間
大涌谷では雲がかかって見えなかった富士山が姿を見せ始めたのです。

もし、ロープウェイでそそくさと下山してしまったら
富士山の姿を見ず仕舞いになってしまうところでした。

富士山って、神々しいというか、
見るだけでご利益がありそうな気がするから不思議です。

ということで、日本一の山、富士山の写真をアップします。

みなさんの今日いちにちが、輝く日でありますように・・・

fujisan140518

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 09:05 | 日々の様子

シーカンパニーで使用している革は先日お話しした植物タンニンなめしの他にも
コンビネーションなめしによる革も良く使用します。

植物タンニンなめしとクロムなめしのコンビネーション。

・コンビネーションなめしの工程

1.塩抜きした皮とクロム鞣し剤をドラムに入れ、6~8時間回転します。
長くても24時間以内でなめしが終了します。

(この段階までがクロムなめしです)

2.この後、タンニンによる再なめしを行った革が
コンビネーションなめしの革になります。

植物タンニンなめしにくらべ、なめし時間はたいぶ短縮されます。

クロムなめしを行った革は、柔軟で保存性・耐熱性が高く・綺麗な色がでます。

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:05 | 皮革のこと

使うほどに艶が増し味がでる「植物タンニンなめし」
シーカンパニーにはもう一つこの革を使ったシリーズがあります。
マヤ・シリーズ。

ボルボ・シリーズの革はステアですが、マヤ・シリーズはカーフ。
そのため、ボルボよりソフトに仕上がっています。

ソフトでも、経年変化するのは同じ。
また、このシリーズ、発売当初は中国で作ったのですが
シリーズと言っても、小銭入れと長財布2型の3型のみのため
現在はシーカンパニーの工房でつくっている国産品となります。

男性でも女性でもお使いいただけるマヤ・シリーズ。
日曜の9時オンエアーしているドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」
の小道具としてお使いいただいています。

マヤ・長財布
マヤ・長財布

【Cカンパニー】のFacebook

長らく欠品となっておりました「ボルボ・コンパクト財布」が入荷しました。

昨日、ご紹介した植物タンニンなめしの革を使った
小さいけれど、頼れるコンパクト財布。

「小銭入れ程度の大きさなのに、お札を2つに折って収納することで
まさにお財布としてお使いいただけますよ」
という新しいお財布の提案をしています。

使うカードを絞ることで、お金の管理もしやすくなり
ポイントも貯まりやすくなります。
わたしの経験では、長財布を使っていた時より
無駄な出費が減ったようね・・・?!

大きなお財布にへきえきしているなら、一度お試しください。
もちろん、小銭入れやカードケースとしてもお使いいただけます。

【VOLVOX】ボルボ・コンパクト財布

ボルボ・コンパクト財布

【Cカンパニー】のFacebook

まずは、植物タンニンなめしの「タンニン」について
植物を担当する先生のこと=担任、ではありませんf^^;

タンニンというのは、植物の葉っぱや樹皮、木などに
含まれる収れん性のある物質のことを言います。
タンニンは、腐敗しやすい皮を耐久性のある革に
帰る性質をもっています。

ワットル、ケブラッチョ、チェス、ナットなどの
植物タンニンエキスが使われています。

このタンニンを主体として使用する鞣し方法を
「植物タンニンなめし」と言います。

植物タンニンなめしによる革は、クロムなめしに比べ
タンニンエキスが皮に浸透するのが大変遅く、約1か月~1か月半要します。

・植物タンニンなめしの工程

1.塩抜きした皮を渋槽(タンニン溶液のピット槽)に漬け込みます。

2.この渋槽は溶液の濃度によって段階に分かれており、
  濃度の薄いタンニン槽から濃度の濃いタンニン槽へと順に付け込まれていきます。

  溶液に浸す日数は薄い皮でも1か月から1か月半は掛かるそうです。

3.なめし工程が終わりに近づくと、薄いタンニンそうに付け込まれ
  余分なタンインを吐き出させてシミができないようにします。

  この工程が終わると皮から革へ変わります。

詳しくはコンテンツ:「皮」から「革」へをご覧ください。

植物タンニンなめしでつくった革は、硬く堅牢な性質があります。
品物にするとがっちりとした重厚感のある製品になります。

Cカンパニーの製品で、この植物タンニンなめしの革を使用しているのは
【VOLVOX】ボルボ・シリーズ

男らしい質感と、使うほどに艶が増し、色味も変化する経年変化が愉しい
シリーズとして、ご好評をいただいております。

ボルボ・長財布を1年使用した後の経年変化の様子

【Cカンパニー】のFacebook

「なめし」と言う言葉をご存知ですか?

皮革製品を特集する雑誌などで、必ずでてくる言葉ですので
革好きの方なら聞いたことがあるんじゃないでしょうか・・・。

なめし(鞣し)とは、動物の皮を革や毛皮にすることを言います。

原皮(動物皮)は、はいだままの状態では腐ってしまいます。
それを革として使えるようにする作業で、大きく3つの工程が含まれます。

1.革を不要な成分を取り除く準備工程
2.鞣し剤で皮の主要タンパク質であるコラーゲン繊維・組織を
  固定・安定させるなめし工程
3.革の物性を改良し商品価値を高めるために行う仕上げ工程。

この3つの工程をすべて含めて「なめし(鞣し)」と言います。

良く知られているのが、植物タンニンなめしとクロムなめし。
そして、さまざまな鞣しを併用したコンビネーションなめしです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – – – –
▽システム手帳・財布・鞄の「Cカンパニー」のfacebookページです♪
工房の日々の記録を流しています♪
よろしければ「いいね」ボタンを押していただけると嬉しいです(*^_^*)

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:05 | 皮革のこと
  • カテゴリー

  • アイテム カテゴリー

  • タグクラウド