2014年09月25日

ミラノ滞在記 8

展示会もようやく終わり、ホテル滞在8日目。
明日は日本へ帰国の前日です。

ミラノに来て、たった一つの心残りが・・・。
それは「最後の晩餐」を観ていない事。

日本を出る前から予約を試みたけれど
全然取れなかったので、今回はあきらめていたのです。

ところが、ブース関係者から予約が取れるかも?!との情報を得て
確認したところ、最後のひとり分空いているとのこと。
ひとり分ですよー。最後のひとり分。
それって、わたしの分ですよね!

ということで、午前中は、最後の晩餐を観に行きました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」
暗くて輪郭がぼやけた絵画なので
実は最初は「こんなものか?」と思ったのですが
前後を移動したり、左右に移動したりして観ていたら
右側のある一角にたった瞬間、絵画と自分が一体化するような感覚に・・・。

そこに立っていた知人がひとこと。
「すべてを描いていないから想像の余地がある
だから人はこの絵を見て、いろいろな説を語りたくなるんだね」
と言いました。

なんと奥が深い言葉。
わたしも、もっと想像の余地がある人間にならなきゃ!
って、柄じゃないですがf^^;

写真は「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会。
旗の立っているところが入口です。
140925

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:09 | ミラノ滞在記
2014年09月25日

ミラノ滞在記 9

ミラノ滞在記も今日で最後です。

毎日のように通ったホテルの近くのスーパー・マーケット。
幸いにしてみることができたスカラ座の劇場内。
そして、ブレラ地区の街角の風景を
たくさん撮った写真の中から厳選してお届けします。

読んでくださって、ありがとう。
Grazie!

1409262
1409263
1409261

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:09 | ミラノ滞在記
2014年09月24日

ミラノ滞在記 7

そろそろ体の疲れがたまってきた展示会の最終日。

プロのカメラマンによる
モデル撮影が行われました。

いやぁ~綺麗でした。モデルさん。
それと、終日延々と続く撮影にも関わらず
カメラを向けられると、妖艶にかわる顔・形に
思わず見とれてしまうほど・・・。

後日送られてきた写真がこちら(↓)です。
140924

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:09 | ミラノ滞在記
2014年09月22日

ミラノ滞在記 6

展示会がスタートしました。
シーカンパニーは未発表のメンズバッグとレディースバッグを中心に展示。

なかでも、職人卯野竹夫が作ったダレスバッグは
海外のバイヤーからも「beatiful!」と絶賛されました。

写真は、弊社のプレツィオーソ・ダレスバッグが掲載された
来場者へ配られる「mipel TODAY3」と
mipel TV.の取材を受けているところです。

140922

1409222

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:09 | ミラノ滞在記
2014年09月19日

ミラノ滞在記 5

ミラノについて3日目の夜。

日本からミペル展・ミカム展のジャパンブースへ出店する企業が
ある特別な場所へご招待いただきました。

特別な場所とは・・・日本領事館!です。

待ち合わせはSAN BABILA駅前。
DOUMOの隣り駅です。

ミラノの地下鉄のひと駅はとても短く、軽く歩ける距離。
とてもコンパクトな街といった印象でした。

SAN BABILAからブランド街を抜けて歩くこと5分。
重厚な構えの日本領事館へ到着しました。

領事は気品あふれる女性。
恐れ多くて近づけない、とソファーで過ごす私たちのもとへも
わざわざお越しくださり、ざっくばらんに話かけてくださいました。

写真は、SAN BABILAの駅前とレセプション・パーティーの様子。
パーティーでいただいた「マンボウのお寿司」が大変美味しかったです。

1409182
1409183

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:09 | ミラノ滞在記
2014年09月18日

ミラノ滞在記 4

ミラノについて3日目。
今日はいよいよ展示会の搬入です。

前日に買っておいた地下鉄の切符をつかって
展示会場のあるFIERA MILANOまで。
私が泊まっていたホテルがあるLIMA駅からは
レッドラインの地下鉄を乗り換えなしで27分のところにあります。

この日は祭日だったので、地下鉄の中はガラガラずっと座れました。

写真は展示会場の様子。
開催前なので人影も少なく、ジュータンもビニールが掛っています。
それにしても広い。肉眼でも先端が見えないくらい大きな会場です。
140918

荷物が無事到着していること。
商品展示のレイアウト決めなどを行って搬入作業は終了しました。

この日の夜はある特別な場所へご招待いただきました。
特別な場所とは・・・明日へつづきます。

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:09 | ミラノ滞在記
2014年09月17日

ミラノ滞在記 3

DUOMOからスタートしたミラノ滞在1日目。

まずはDUOMO近くのお土産屋さんで、
娘に頼まれたベタなご当地Tシャツを購入。
展示会がはじまってしまったら買い物のをする余裕はないだろうからと
家族へのお土産を探すことにしました。

甥には、サッカーのインテルのショップで
3歳児用のユニフォームセット。
小さな靴下まで付いていて可愛いです。

ブランドショップをウィンドウショッピングしてぶらぶら歩いていたら
なんとなく見覚えがある景色が見えてきました。

それはなんと、かつてから行ってみたいと憧れていた風景。
『ミラノ霧の風景』の著者:須賀敦子さんがかつて勤めていた本屋さんがあったのです。
DUOMO近くにお店があることは著書の中で知っていたものの
場所を確認していたわけでもなく
今回はそれを目的にはしていなかったので、
偶然その風景を見た時は興奮しました。

せっかくなので、中に入って、店主に話しかけてみたところ
須賀さんの著書を読んだ日本人がよく訪ねてくるとのこと。
著書の中に出てくるダビデ神父が3年前に亡くなったことなどを話してくれました。

写真は、その本屋さんの現在の様子です。
教会のとなりにある書店なのでバイブルや宗教系の本が並んでいました。
ゆっくり本を読める椅子やテーブルがあり
この空間で人々が集い、語り合った様子が目に浮かぶようでした。
140917

明日はいよいよ展示会場の様子をご紹介します。

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:09 | ミラノ滞在記
2014年09月12日

ミラノ滞在記 2

Buongiorno!

ミラノ滞在記の続き。
一晩ホテルで休んだ翌日、まずはドォーモにご挨拶に行きました。

わたしが宿泊したホテルがあるLIMA駅からDUOMO駅まではたったの4駅。
ミラノの地下鉄は間隔が近いので、あるこうと思えば歩ける?距離です。
日本の地下鉄の駅に比べると暗いし
ガイドブックには怖そうなことが書いてあるけれど
昼間の地下鉄はのんびりしていて安全です。

DUOMOの駅について地上に上がると真正面にドォーモ。
ここにきて、はじめて「イタリアへ来たんだなぁ」と実感。
空港は人が少なかったけれど、こちらはさすがに人が多い。
写真を撮ったあとガッレリアへ向かいました。

実は10年前イタリアへ来たとき、やり残したことがあったのです。
それは、ガッレリアの中心にある馬の絵のモザイクの上で回ること。

なんでも、その上で回ると「願いがかなう」とか「ミラノにまた来れる」とか
いろんな説があるけれど、まあ回っておいて損はなさそうなので・・・F^^;

1回、回ればいいのかと思って回ったら
親切なイタリア人の伯父さんが「tre(トレ)」と言って
3回、回るんだよと教えてくれました。
で、再挑戦。なので、計4回、回ってしまいました(笑)

140911a
今日の写真はDUOMO。

一日目はこのDUOMOからスタートしていろいろ歩いて回ったので、つづきは次回へ

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 12:09 | ミラノ滞在記
2014年09月11日

ミラノ滞在記 1

ミラノで開催された「ミペル展」へ行ってきました。

ミラノは10年ぶりの2回目。
ひとりきりでの訪問ははじめてのことでしたので
行く前は「どうなることか?」とかなり不安でした。

でも、ミラノのマンペルサ空港に着いたら想像と全く違う。

到着は8月30日。
そう、イタリアはバカンスの時で、空港はガラガラ。
拍子抜けするほど安全な雰囲気だったのです。

空港から市内への移動は
飛行機の中で知り合った日本人の女性ふたりと一緒に
中央駅までシャトルバスに乗ることにしました。

この女性たちはベネチア映画祭に出品された
塚本監督の「野火」の関係者でした。

ふたりは中央駅近くの宿でしたが
わたしは中央駅からちょっと離れたホテルだったので
ここからはタクシーに乗って、いざホテルへ。

約10分後、今日からお世話になるDemidoff Hotelに到着しました。
写真は、一番最初に撮ったホテルからの眺めです。

milan140911

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:09 | ミラノ滞在記
  • カテゴリー

  • アイテム カテゴリー

  • タグクラウド