2種またはそれ以上の鞣し剤の併用による鞣しです。複合鞣しともいいます。
たとえば、クロム鞣し後、植物タンニン剤で処理するなどして
単独の鞣し剤による欠点を補うことがあります。
新しい触感や、性状を付与することができます。

植物タンニンなめしだけですと
たとえば、ちょっと日向に置いただけでも日焼けして
色が変わってしまいます。

けれど、コンビネーションなめしにすることで
日焼けの速度をぐっと抑えることができます。

また、なめし時間も短くなるので
コスト的にも優れた方法です。

Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加


【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:11 | 皮革のこと, 皮革用語
  • カテゴリー

  • アイテム カテゴリー

  • タグクラウド