皮の切り口(こばまたはへり)をきれいに整理し、磨くことです。
防水処理を行うこともあります。

これには、へり落とし、豆カンナなどでこばをすいて整理し
ワックス、CMC、塗料などを塗り込んで
へりみがきなどで磨いて仕上げます。

革製品の革の周緑部の切口などの仕上げに行われます。

mu-0001-waza01

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:10 | 皮革のこと, 皮革用語

表面コーティングを施していないタンニン鞣し革の表面を
摩擦熱によってこがし模様をつける仕上げです。
主にぬめ革に用います。ウエスタンブーツやカジュアルシューズの甲革の仕上げとしてよく用いられています。
ふつうは高速回転(1,000~1,500rpm)の綿ブラシに、こがし専門ワックスをすり込み
靴をあててこがす方法がとられています。

↓工房にあったコガシワックス(無色とこげ茶)
141028

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:10 | 皮革のこと, 皮革用語

 ちょっと事務所のカギかして」と言われた時
 キーホルダーごと渡していました。
 
 でも、ちょっと抵抗感があったのです。
 
 このキーホルダーなら、ダブルリングをくるくるっと回すと
 リングこと外すことができるから
 必要なカギをリング付の状態で渡すことができます。
 
 返ってきたら、くるくると回して付ける。
 
 取り外し可能。けれど、外れにくいキーホルダー
 ボーダー・キーホルダー、新発売です。

bdr-402_w580

【Cカンパニー】のFacebook

本日は、昨日ご紹介したクロム革の鞣し法についてです。
クロム革は、その名の由来通り、クロム塩で鞣しています。

準備工程の終わった皮をピックリングした後、
クロム鞣剤<じゅうざい>で鞣す一浴法が一般に行われています。
この他に二浴法があります。

クロム鞣剤は塩基性硫酸クロム塩(3価のクロム)から成り
通常ドラムやハイドプロセッサー(コンクリートミキサー
と似た形の容器)に皮と鞣し液を入れ、6~8時間回転し
24時間以内で鞣しを終了します。

この後、合成タンニン・植物タンニンによる再鞣しを行うことが多いです。

鞣し期間が短く経済性に優れ、
製品革は柔軟で保存性・耐熱性・染色性が良いので
甲革・袋物革・衣料革なども最も広く行われている鞣し法です。

私などは、クロム革と聞くと「革の手袋」を思い浮かべます。
手袋

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:10 | 皮革のこと, 皮革用語

クロム鞣剤で鞣された革です。
淡青色で、保存史性、耐熱性、柔軟性が優れ、軽く、弾性が強く、
正電荷をもつので酸性および直接染料での染色性が良いです。
甲革、袋物用革、衣料用革など最も多く生産されています。
しかし最近は、革製品の需要の多様化と省クロムの問題だ、
他の鞣剤とのコンビネーション鞣し革が多くなる傾向にあります。

Cカンパニーでも完全なクロム革の製品はなく
柔らかな感触でもコンビネーション革を使用しています。

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:10 | 皮革のこと, 皮革用語

革の銀面に平滑性と光沢を付与することを目的として、
めのう・ガラス・金属のローラーによって
強い圧力を加えながら摩擦する作業です。

グレーシング仕上げの主たる作業であり、
通常銀面にタンパク質系仕上げ剤・ワックスなどを塗布してから行います。

グレージングによる仕上げは、
下塗り後の革にシーズニング・上塗り・乾燥などを施して
数回行うのが普通です。

プレツィオーソ・シリーズがこのグレーシング仕上げを行っています。
磨きこむことで光沢を増す、まさに革の宝石です。

preziosow620

【Cカンパニー】のFacebook

製革工程で毛および表皮を除去した真皮の表面をいいます。
銀面は、毛穴の大きさ、形状、配列の仕方、毛穴間の形状なので
家畜の種類による特徴を示します。
銀面の模様は革の商品価値に影響します。

均一で綺麗な表情をつくるため、あえて銀面を削ることがあります。
ターナー・シリーズが銀を削った革を使用しています。
表面がスムースなため、傷が付き易いですが
使い込むほどに目立たなくなってきます。

ターナー・システム手帳A5サイズ
tnr-221-w100

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:10 | 皮革のこと, 皮革用語

金を打ち延ばした薄い箔です。
純金に銀、銅をまぜ、厚さ0.3μm~0.02μmの極薄のものまであります。

画像は、名入れに使用する「金箔」です。
kinpaku

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:10 | 皮革用語

レザークラフトで手縫いの時、革を動かさない様に固定する用具です。
レーシングポニー(lacing pony)ともいいます。

↓画面左手に馬乗りになったり、床とお尻の間に敷き固定して使用します。
stitchinghorse

海外では4つ足が付いた動かない木馬のような形のものが多いようです。

【Cカンパニー】のFacebook

post by ccompany at 10:10 | 皮革用語

厚い革を一定の厚さに調整したり
折りしろを段すきあるいは継ぎ合わせのために斜めにすく作業です。
革包丁、こばすき、豆かんな、革すき機などが用いられます。

シーカンパニーの工房には、厚い革を一定の厚さに調整する
ベタ漉きの機械とヘリを漉くための機械の2種類があります。

↓手前がベタ漉き、奥がヘリを漉くための革漉き機
141006_1

↓ヘリを漉くための革漉き機のアップ画像
141006_2

【Cカンパニー】のFacebook

  • カテゴリー

  • アイテム カテゴリー

  • タグクラウド